静岡キリスト教盲人伝道センター HPへようこそ 

静岡キリスト教点字図書館成立の経緯

静岡キリスト教点字図書館成立の経緯

私たちの静岡キリスト教点字図書館は、日本基督改革派静岡教会初代牧師・青山輝徳師と静岡教会員の宣教と祈りの中で生れました。

青山牧師は1945年5月横浜空襲で落とされた不発弾に触れてしまい、その爆発により、一命は取りとめたものの、両眼を失明してしまいました。

イエス・キリストは彼を憐れみ、信仰へと導き、献身して日本基督改革派教会立神戸改革派神学校に学ばせてくださり、1953年11月、静岡市に日本基督改革派静岡教会の伝道を開始しました。青山牧師は、晴眼者への伝道と共に、盲人への伝道を進める上で、点字のキリスト教書の必要を強く覚えるようになりました。

1958年、アメリカ南長老教会(SPC)W・A・マキルエン宣教師やJ・A・マカルピン宣教師やアメリカ・キリスト改革派教会(CRC)M・キュニング宣教師らの援助を受けて、点字のウェストミンスター信仰告白・大小教理問答書を作成する事から、点字出版が本格的に始まりました。

日本にはカトリック教会立の点字図書館はいくつかありますが、プロテスタント福音主義信仰に立つキリスト教書専門の点字図書館がなく、それゆえ次第に当図書館は、国内における唯一のプロテスタント・キリスト教盲人専用図書館としての使命を与えられることとなり、教派を超えて、広く日本全国の盲人に聖書的・使徒的キリスト教良書を提供する図書館として進展させていただくようになり、現在に至りました。

私たちのセンターは、この働きを、神の栄光のために、御言葉の上に堅く立って純粋に聖書的な働きとして主に御献げするために、国庫の援助によらず、日本全国のボランティアによる点訳と朗読、校正の奉仕により、また日本基督改革派教会の大会執事活同委員会の指導・協力を受け、全改革派教会の兄弟姉妹、全日本の諸教派教会・信徒と、アメリカCRC,PCUSA,OPCの宣教師の方々のご理解と尊い御献金をいただく事によって、この活動を推進しております。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional